よくあるご質問

よくあるご質問

Q鍼って痛くないですか?
A無痛を目指しておりますが、ちくっとすることはありえます。
私たちが使う鍼は、髪の毛ほどの太さで、注射針の穴に通る位のもので表面をきれいに磨かれたものです。
適正に扱えば、ほとんど痛みはありませんが、患者様の感受性などによっては、痛みを感じることもあります。
痛みの程度は、種類が異なりますが、マッサージなどで感じることがある痛みよりはるかに小さいものです。
Qどのくらいの期間で治りますか?
A患者様により異なります。
疾患の程度・どれくらいの期間抱えていたか・生活習慣などにより大幅に変わるものです。
Q使用する鍼は使い捨てですか?
Aはい、ディスポーザブル鍼という、使い捨ての針を使用します。
Q鍼灸に副作用はありますか?
A一般的に、無いとお答えする治療家もおられますし、実際に少ないものですが、マッサージでのもみ返し、お灸での灸あたり同様に、鍼あたりでだるくなったりすることは有り得ます。
Q鍼灸は自律神経失調症に効果はありますか?
Aはい、基本的に、東洋医学は体調、つまり体のバランスを整えることで自己治癒力、自己免疫力を高める治療法です。
自律神経とは大まかに言えば体のバランスを保つための中枢ですので、相性のよい治療法といえるでしょう。
Qどうして痛いところではなく、手足に鍼を打つんですか?
A痛いところには打たない、と言うわけではありません。
痛みの原因を探していった結果、痛いと感じた部位ではなかった場合にそういったことが起きます。(結構多いですが)
私は、そういった時にはできるだけ解りやすく説明しています。
Q妊娠中でも鍼灸治療は受けられますか?
A基本的に、安定期に入ってからは治療可能です。
臨月間際まで私の鍼治療を受け、元気なお子さんをお産みになった方もおられます。
担当の医師と相談の上での治療をおすすめします。
Q健康保険は使えますか?
Aすみません、あえて保険はお受けしておりません。
  • facebook
  • twitter