健康通信

健康通信詳細

”しつこい腰痛・繰り返す腰痛”どうする?その4


”捻るストレッチ”

ここで、もう一つの方法

 

これは、患者様から”うちにはベッドがないから、そのやり方出来ないのよね”と言われることがあり、何とかならないかと考えた方法です

 

一般的な床でのひねるストレッチは、

仰向けになり、腰から足の力でひねっていきます

 

そして、釣り合いのとれるある程度傾いたところ(バランスポイントと呼びましょう)からは足の重みでストレッチがかかります

 

つまり、バランスポイントまでひねれない方は、ストレッチどころか筋トレになってしまいます

 

バランスポイントを超えても、すぐには適度なテンションはかからないので、ストレッチするためには力を入れてひねることになります

 

そこで、出来るだけ余計な力を入れずにフラットな床で出来るストレッチの動作を考えました

 

ます、楽な姿勢で横向きに寝ます

前の方法と同じでリラックスできる状態が良いです

通常、腰の辛い方を上にした向きを先にやります

辛い方を下にすると、痛みで力が入りやすいので、つらい方を先にほぐしておいた方が後で向きを変えても、比較的に楽になりやすいからです

 

次は、下になった足を軽く伸ばします

伸ばすと言うとピンと力いっぱい伸ばす方が多いですが、そうではなく伸びた姿勢から力を抜いて楽に軽く前かがみになるイメージです

 

この姿勢から、上になった足を前に伸ばします(これもピンとしないで良いです 基本脱力です(笑))

このとき、前回の方法のように意識しなければ、上の肩が少し前方へ回り込むはずです(そうして下さい 気楽に気楽に(^^♪)

 

ではこれからストレッチをかけます

 

上の手を腰の後ろ、背中に回し肩を軽く後ろへ引いていきます

肩だけ寝返りを打つようなイメージです

バランスポイントを過ぎると、あとは身体の重みだけでストレッチがかかります

 

人によりストレッチのかかる位置が違うので、最初の姿勢の足の位置や角度を調整すればよいところがあるはずです

 

何度もしつこいですが、出来るだけ力が抜けてストレッチがかかるところが良いです

 

この状態で、時間は目安として一分間くらい見てください

40~50秒くらいが一番疲れが取れると言われています

短くてもそれなりの効果がありますし、あまり長いと弊害もありますので、長くても2・3分くらいまでをお勧めしています

 

つづく>>>

 

 

 

 

スフィア鍼灸マッサージ院

住所
〒272-0137
千葉県市川市福栄2-9-8
アクセス 行徳駅より徒歩12分
診療時間
午前  7:00~12:30
午後 15:00~18:00
定休日 木曜日、日曜日、祝日

当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1UUiKQr
  • facebook
  • twitter